産科 婦人科 産婦人科 渋谷区 中絶 中絶手術 ピル アフターピル 緊急避妊



ピル横長.png

特徴

  • 低容量ピル (Oral Contraceptives OC)
  • 当院では喫煙者並びに高血圧のかたは血栓リスク考慮しピル処方出来ませんのでご注意願います。
  • 1999年9月低用量ピルが日本国内で販売開始になりました。避妊効果、月経周期の安定、月経痛緩和、抗男性H作用による肌安定、内膜症・卵巣がん・子宮体がん抑止作用等様々な効果により当院でも処方推奨しております。副作用は開始後にむくみや嘔気もございますが飲み続けていただくうちに早期に改善する場合が多いです。新しい月経困難症保険治療薬の副作用軽減効果も臨床現場でも実感いたします。避妊効果は飲み忘れがなければ失敗率は0.1%と極めて低率です。OCはエストロゲンとプロゲストーゲンの合剤です。OCに含まれるエストロゲンはエチニルエストラジオールです。これは17βエストラジオールの誘導体で17位をエステル化して経口投与しております。プロゲストーゲンは大きく3つに種類が分類されております。第1~3世代と呼ばれています。第1世代のノルエチステロンは標準的なプロゲストーゲン剤です。体内でエストロゲンに変換され弱い作用を起こしますが、多くが男性ホルモン作用のほうがやや強く現れる特徴が言われています。第2世代のレボノルゲストレルは現在良く使用されています。エストロゲンに変換されず、第1世代のノルエチステロンと比較して男性ホルモン作用もありますが、子宮内膜活性効果が強くなり、少量で効果発揮できます。また第3世代のデソゲストレルはプロゲステロンレセプターとの結合を高められているため、子宮内膜活性効果が強くなる反面、アンドロゲンレセプターとの結合低下させ、脂質代謝にもいい影響が指摘されています。OCの副作用として重要なのはエストロゲンが凝固能亢進をもたらすことによる血栓症です。喫煙と高血圧、加齢(35歳以上)は凝固血栓梗塞効果をさらに増大いたしますので、いい機会と思いますので禁煙トライしていただくことお勧めしております。

  • 2011年8月に第3世代マーベロンのジェネリック薬であるファボワール、2012年6月に第2世代トリキュラーのジェネリック薬であるラベルフィーユが販売されました。
  • 2017年4月21日より子宮内膜症に伴う疼痛・月経困難治療薬 ヤーズフレックス配合錠(ドロスピレノン・エチニルエストラジオール錠)販売開始しました。日本初連続投与が認可されました。月経回数を減少し日常生活のQOL向上を期待できます。ご検討願います。

  • 当院取り扱い自費低容量ピル
    • 第1世代 シンフェーズ28  2,100円
    • 第2世代 トリキュラー28  2,100円
    • 第2世代 ラベルフィーユ28 1.900円
    • 第3世代 マーベロン28   2,100円
    • 第3世代 ファボワール28  1.900円

低容量ピル世代分類.jpg








案内小.jpg